【名探偵コナン】黒の組織 メンバー 宮野厚司 解体新書

黒の組織 解体新書
スポンサードリンク

こんにちは!ケイスケです。

 

黒の組織 研究員で宮野エレーナの夫である厚司。

組織で薬の研究員と活動をしていた一人だが、火災によって亡くなっている。

 

今回は宮野厚司について紹介して行きます。

黒の組織 研究員 宮野厚司について

「じゃあその話、もう一度考えてみるかな・・・」

 

灰原からは「学界から追放されたマッドサイエンティスト」と称されている彼ですが、阿笠博士は感じのいい気さくな人だったと感ていたようです。

 

この時点でかなりイメージに差がありますが、どうやら宮野厚司自身の回想で、危険思想ゆえに追いやられたのではなく夢みたいな発明を追い求めていた姿勢をマッドサイエンティストと嘲笑されていたと語られていた。

 

それが灰原のいうようなイメージに繋がったと考えた方が良さそうです。

宮野厚司のプロフィール

(青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996より引用)

名前:宮野厚司

年齢:不明

在中地:日本

職業:元研究員

黒の組織 宮野厚司の特徴について

見た目からも優しそうで真面目な研究に見える厚司。

そんな彼がなぜ黒の組織の研究員になってしまったのだろうが。

追放された異端の研究者

宮野姉妹の父親である厚司。

 

医師として病院を経営する傍らで単身研究を続けていたが、ある日烏丸グループがスポンサーを務める研究所から誘いの話が舞い込む。

 

妻と共に研究所に移った厚司は、やがて「銀の弾丸」と呼ばれる薬の開発を始める事になる。

 

夢のような発明、それを追い求めたが故に宮野一家の不運は始まったという皮肉も効いていて深い話ですね。

黒の組織 解体新書
スポンサーリンク
スポンサーリンク
"Secret Woman" 名探偵コナン考察ブログ

コメント

  1. […] […]