【名探偵コナン】黒の組織 メンバー キュラソー 解体新書

黒の組織 解体新書

こんにちは!ケイスケです。

 

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢」でもラムの側近として登場した黒の組織の幹部に当たる人物です。

 

劇場版オリジナル構成員の最後の一人で、キュラソーはいずれも物語の鍵を握る重要人物である。

 

今回は黒の組織のキュラソーについて紹介します。

黒の組織 幹部 キュラソー について

黒の組織のメンバーでラム(RUM)の腹心と言われている。

黒の組織では幹部クラスの設定になっている。

キュラソーのプロフィール

(青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996より引用)

名前:キュラソー

年齢:30代(推測)

在中地:日本

キュラソーの初回登場話

(青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996より引用)

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢

ラムの側近として登場したが事故により記憶喪失。

映画のみの出演でしたが、劇中で亡くなっている。

黒の組織 幹部 キュラソーの特徴について

ラムの腹心であり、情報収集のスペシャリストであるキュラソー。

 

オッドアイの持ち主で高精度の記憶力を持つ特殊能力持ち、身体能力も高く優秀な組織のメンバー。

 

性格は凶暴で赤井に「轢き殺してやる!」と言う程です。

キュラソーの特殊能力について

ラムは灰原を見ただけですぐにシェリーだと気づいた人物である。

特殊能力でシェリーの姿を記憶していたのかもしれない。

 

これまでも裏でラムの腹心として数々の情報収集をしていたのかもしない。

 

黒の組織の情報力は測り知れないので今までジンなどが調べればすぐに分かるなどと言っていたのはラムが黒の組織の情報のスペシャリストであったからでは無いかと推測します。

 

ラムについてはまだはっきりしていませんが、今後の動き次第で死にましたがキュラソーについても詳細が分かるかもしれません。

黒の組織 解体新書
スポンサーリンク
スポンサーリンク
"Secret Woman" 名探偵コナン考察ブログ

コメント

  1. […] […]