第912話 「モデルになった探偵団 | 名探偵コナン 感想

TV放送

「モデルになった探偵団」あらすじ


出典(名探偵コナン事件ファイルより

コナンは高木刑事に呼ばれて小五郎、蘭と共に米花町にある北園邸を訪れていた。

コナンは殺人事件の参考人になっており、高木は1枚の絵をコナンたちに見せる。

そこには奥穂湖を背景に立っているコナン、元太、光彦、歩美が描かれていた。

殺害されたのはこの屋敷の主人である洋画家の北園清峰。

この日、弟子2人が訪ねてくる事になっていたが、その内の1人、西山大樹は奥穂湖でこの絵を描いていて、犯行時刻までに屋敷に来る事は無理だと話しているという。

コナンが西山と会ったのは午前11時だった…

「モデルになった探偵団」感想

「殺人事件」の重要参考人に突然なったコナン。

疑われたのが、お弟子さんの東尾さんと西山さん。

それと、北園さんの奥様の絹子さんに家政婦の南田シズさん。

コナンが重要参考人になってる時点で、犯人が西山さんだっていうのはわかりました。

絵には描かれてはいけない物があったのは意外とすぐに気づけました。

木を伐採した話が出た瞬間に確信に変わりましたね。

最後には電車でソフトクリームを元太だけ食べていて、あゆみたちも欲しがって高木刑事に買わせたが乗り遅れてしまう。

あのアイスを高木刑事は食べたんでしょうかね?それとも佐藤さんと一緒に食べる夢でも見たのかな。

次回予告「連れられたコナン(前遍)」

次回はコナンが犯人に連れ去られてピンチに?
予告ではコナンは腕をガムテープ?で閉められていたが冷静にしていた。
NEXTヒントは煙突みたいです。
煙突から逃げるんですかね。前編と後編になっていますので事件は続きますね!

TV放送
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ケースケ@"Secret Woman" 名探偵コナン考察ブログ

コメント