[名探偵コナン] FBI 特集 [ジェイムズ・ブラック] 人物紹介

FBI

今回はFBI捜査官のジェイムズ・ブラックについて紹介したいと思います。
前回紹介したキャメルやジョディ先生、赤井秀一の上司でもある人物です。

スポンサードリンク

ジェイムズ・ブラックの人物像

FBIは日本の警察組織のように上司と部下の関係がはっきりしておらず、捜査チームを組む時はチームリーダーを決めその人が捜査指揮を取ります。
黒の組織壊滅の為に派遣されたチームのリーダーこそがジェイムズ・ブラックです。
ジョディ先生らを始め、赤井秀一も彼には素直に従う面を見せたりと、統率力はかなり高いレベルのものを持っていると言えそうですね。
ちなみに彼の名前の由来は犯罪界のナポレオンと呼ばれたジェイムズ・モリアーティから。そのためあの人に繋がる人物ではないのかとの推測も出ています。

ジェイムズ・ブラックの国籍

生まれはイギリスのロンドンですが、育ちはアメリカのシカゴだと言われており、FBIに所属していることからアメリカ国籍を選んだことが分かります。

コナンとの出逢い

コナンらとジェイムズ・ブラックが出会ったのはアニメ258-259話 シカゴから来た男です。
原作では32巻File8-10となっています。
阿笠博士に連れられポール&アニーのアニマルショーを見に来た少年探偵団は大勢の記者に囲まれている外国人に出会います。
一見その外国人はショーのスポンサーであるランディ・ホークの様でしたが、コナンは持ち前の洞察力で別人であることを見抜き、彼を助け出します。
その男性こそがジェイムズ・ブラックなのです。事件から始まる関係というのがいかにもコナンらしいですね。

鉢植えの花言葉

「コロンバイン……日本では「おだまき」と呼ばれている花だな……これを組織が私に?」

FBI捜査官ということで、赤と黒のクラッシュでは非常に重要な役割を果たしています。
組織のキール奪還作戦を阻止するため、FBIがコナンと手を組み病院に水無怜奈を匿っているとその病院の患者宛に謎の見舞い品が。
そのうちの一つが楠田陸道の名を介してジェイムズに送られた「コロンバインの鉢植え」です。
コロンバインの花言葉は必ず手に入れる、断固として勝つ。組織からの宣戦布告とも取れます。
ちなみに一部ではジェイムズ・ブラック黒幕説が囁かれていたようで、このコロンバインには「あの方が気がかり」という花言葉があることも根拠として挙げられたようです。
現在、あの方については名探偵コナン 原作95巻で明らかになっています!
しかし、気がかり、心配などといった花言葉を持つのは赤のコロンバイン。
アニメでは花の色は薄紫に塗られており、紫のコロンバインが先ほど挙げた勝利を意味する花言葉を持つのであまり良い論拠とはいえそうにありません。

まとめ

アニマルショーや峰不二子のファンなど可愛らしい一面もあるジェイムズですが、普段はFBIのリーダーとしてとても頼もしい存在です。
これからも是非活躍してもらいたいですね。

コメント