[名探偵コナン] 黒の組織 関連 [APXT4869]について

黒の組織 特集

工藤新一がジンに飲まされコナンになったきっかけでもあるAPXT4869。
その目的や効果などについて紐解いていきたいと思います。

スポンサードリンク

アポトキシン4869とは?

黒の組織が何らかの目的で研究者に開発させた薬で、服用したものは死亡しその死体には何の証拠も残らないという不思議な性能を持ちます。
赤と白の特徴的なカプセルになっていて、最強の毒薬として黒の組織では使われて
いるが、副作用である幼児化については知らない。

何の為に作られた薬なのか

元々、宮野志保(灰原哀)の両親である宮野厚司と宮野エレーナが毒薬とは知らずに薬の研究をし、完成するが研究所の火災で亡くなってしまう。
亡くなった両親に代わり、その後を継いだ宮野志保が再び薬を完成させます。
APXT4869は毒薬ではなく何らかの目的で作られていたらしく、宮野志保自身も毒薬を作っているつもりはなかったという。
マウス実験の結果、死んだマウスのほとんどが体内から毒物反応がなかったことがわかると組織は暗殺目的で使えると考えシェリー(宮野志保)に無断で使用してしまいます。
しかし一匹のマウスだけが死亡せずに幼児化された実験結果もでたが、組織に反発していたシェリーは秘密にしている。

薬を飲まされた人物

APXT4869は10人の被害者がいるが、組織のリストには全員死亡と書かれていて、そのリストの中には工藤新一の名前もあるが、シェリーが組織から守るために死亡と書きかえました
その後、シェリーは研究を中止し組織に監禁され自殺目的で隠し持っていたAPXT4869を服用し、工藤新一と同じ幼児化し組織から抜け出すことに成功します。
そして現在、コナンは世良真純の母であるメアリー・世良のことをAPXT4869によって幼児化したのではないかと推測しています。(原作第95巻で幼児化した事実が判明!!)

アポトキシン4869の真の効果とは?

APXT4869を飲まされた人の中で宮野夫妻が作った薬を飲んだ人が死亡しており、シェリーが再開発した薬を飲んだ工藤新一やシェリー自身は死亡していません。
このことから、宮野夫妻とシェリーが作った薬の効果は別物であることが分かります。
そしてシェリーは灰原哀になったあと、自分が本当に作っていた薬は別の薬と言っています。
その真の効果とは、若返りや不老不死の薬であるのではないかと示唆されています。

まとめ

工藤新一からコナンになる原因でもあるAPXT4869がもし本当に若返りや不老不死などの目的で開発されていたとしたら、黒の組織はどのように使用するのでしょうか?
解毒方法はまだ確立されていませんが、今後研究し開発していけばますます脅威な薬になることだと思います。
今後も黒の組織と灰原哀の動きにも注目です!

コメント