[名探偵コナン] 黒の組織 特集 [黄昏の館 40年前の悲劇] 考察

黒の組織 考察

名探偵コナン 第95巻が発売されて黒の組織のボスが烏丸 蓮耶である事が判明しました。
まだまだ、謎が多い黒の組織のボスですが、ひと昔に烏丸に関係がある事件が起こっています。
深く関係がある事件についての考察を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

40年前の悲劇について


(画像引用:名探偵コナン考察しますより

40年前のある晩、99歳で謎の死を遂げた烏丸蓮耶を偲ぶ会が政財界の著名じん達を招待し、黄金の館で開催された。

しかし、偲ぶ会は烏丸が生前にコレクションにしていた美術品を競売する為のオークションであった。

3日間に分けて行われるオークションで、2日目の嵐の晩に2人の遭難者が館に訪れ、館に入れるのを支配人はことわったが、2人の男達は館に入れて貰う代わりにタバコのような小さな包みを渡した。

その包みはマリファナであり、支配人はタバコのように吸うとみるみる陽気になり、男たちを館に招きいれた。

その現場を目撃した人物たちもマリファナを吸い会場全体がマリファナの煙で充満していった。

しばらく客たちは馬鹿騒ぎをしていたが、禁断症状で様子が激変し、オークション会場で、美術品の、取り合いを始め、客同士で殺し合いが始まり、地獄へとかした。

悪夢の一夜が明け、8名の死者と10数名の昏睡状態の客を残して、2人の男達は美術品と、共に消えた。

黒の組織の目的とは?

なぜ、組織は政界の著名人を多く呼んだのか?それにはとある理由が考えられます。
あくまで考察ですので正解とは限りませんがお聞きください。
その理由 日本のリセット
政界の著名人を呼んだのは日本の政界を黒の組織がコントロールする為だと推測します。
以前、灰原が組織の人間はありとあらゆる場所に潜入していると証言しており、海外でも活動をしているメンバーいるとも言われています。
すでにジンによって殺害されたピスコ(「経済界の大物」と称される大手自動車メーカー会長・枡山憲三)も世間ではかなり有名な人物でありながら、組織の幹部であったのです。
(ピスコについてはこちら
そして、政界の著名人を大量に虐殺し組織の人間が政界に残り地位を上げて裏でこの日本を支配しているのではないでしょうか?

黒の組織の恐るべし権力

金昏の館での事件は世間では限られた人間しか知りません。
なぜなら、それは黒の組織が圧力を掛けてメディアを封じた為であり、館ではほとんどの人間が死んでしまい組織の人間ばかりしか残っていませんので世間に知られる事は無かったのでしょう。
仮にその悲劇が外に漏れたとしてもメディアに取り上げる事は無い可能性が高いです。
組織はすでに40年前でもかなりの権力と組織力があったと推測します。

まとめ

黒の組織は昔から組織としての力は測り知れない物です。
この惨劇から組織ではあるプロジェクトが始まったのかも知れません。

コメント