名探偵コナン| #923 「コナンのいない日」|感想

TV放送

今回は名探偵コナン第923話「コナンのいない日」の感想を紹介したいと思います!
いよいよ、今年も残り1ヶ月になり来年の1月には2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行」が放送されます。

スポンサードリンク

あらすじ

光彦、元太、歩美、灰原の少年探偵団は建設工事現場で強請りの常習犯である雲母の遺体を発見した。
その頃、コナンは小五郎と温泉に来ていて、光彦から連絡を受けて事件の事を知る。
光彦たちは犯行時刻に現場から逃げ去る長身の男を目撃していた。
高木刑事たちは雲母が強請っていた男性10人、女性1人の中に犯人がいると考える。
だが、その11人にはアリバイがあり、捜査は行き詰まる。事件の状況を聞いたコナンはいくつかの不可解な点に気付いて…。

感想

コナンがいなくてもしっかり推理ができる光彦は将来が有望とも言えますね!
おっちゃん(小五郎)があんなにへばっているのは初めて見ましたw
純粋な小学生であれ程、推理ができる光彦はコナンのライバルになる可能性すら感じます。
事件を解決したばかりなのにすぐまた事件に遭遇するコナン達はすごいですねw

来年1月スペシャル告知


(引用:ytvより

2週連続 1時間スペシャル 名探偵コナン 紅の修学旅行
鮮紅編 5日(土)夕方5時30分〜
恋紅編 12日(土)夕方5時30分〜
以上の放送日となっています。
紅の修学旅行の詳細についてはこちら

TV放送
"Secret Woman" 名探偵コナン考察ブログ

コメント