アニメ「まじっく快斗1412」のあらすじと見どころをおさらい!

アニメ「まじっく快斗1412」を無料でみる あらすじと見どころをおさらい! アニメ
スポンサーリンク

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況はhulu公式サイトにてご確認ください。

 

悩む人
悩む人

アニメ「まじっく快斗1412」を無料でみる方法を知りたい。

 

こんな疑問を解決します。

 

「まじっく快斗1412」2014年10月4日〜2015年3月28日に放送されたアニメです。

 

人気漫画である「まじっく快斗」がアニメ化された作品です。

 

サイト運営者
サイト運営者

怪盗キッドの素顔などが見れるアニメですね

 

名探偵コナンでも人気の怪盗キッドということもあり人気の作品になりました。

 

今回は、「まじっく快斗1412」の無料フル動画の視聴方法や、あらすじについてまとめました!

スポンサーリンク

「まじっく快斗1412」を動画でみる!DVD発売・動画配信はいつから?

まじっく快斗

 

「まじっく快斗1412」のDVD発売日は2014年9月26日です。

 

 

「まじっく快斗1412」は、DVDでの視聴もよいですが、動画配信サービスでの無料視聴がおすすめです。

人気映画、ドラマ、アニメが見放題!2週間無料で楽しみたいあなたにはhulu!

約60,000万本以上の動画を楽しみたいあなたには2週間無料トライアルのあるhulu!

hulu

 

お得なポイント

① 14日間の無料お試し期間があること

② 60,000万本の作品を全て見放題で楽しめること

③ いつでも解約が可能であること

 

VOD(動画配信サービス)のなかでも人気ランキング1位を誇るサービスで、自宅でも外出先でも無料でフル動画を視聴することができます。

 

クリックするとhulu公式HPに移動します

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

※14日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

「まじっく快斗1412」のあらすじ

 

「まじっく快斗1412」のあらすじ

 

マジック好きの高校生、黒羽快斗(くろば・かいと)
父は天才マジシャンだったが、世界的な大泥棒〈〈怪盗キッド〉〉という裏の顔も持っていた。

その父はマジック中の事故で他界。

快斗はひょんな事から父の裏の顔を知り、
事故死ではなく何者かに殺害されたのではないかという疑惑を抱く。
そして、快斗が父の死の真相を探るべく
跡を継いで〈〈怪盗キッド〉〉になるところからこの物語は始まる―。

出典:TVアニメ動画『まじっく快斗1412』のwikipedia・公式サイト等参照

「まじっく快斗1412」のキャスト・スタッフ

 

「まじっく快斗1412」に関わったキャスト・スタッフのみなさんをご紹介していきます。

 

キャスト

・山口勝平

・ M・A・O

・羽佐間道夫

・喜多村英梨

・宮野真守

・石塚運昇

・池田秀一

 

スタッフ

・監督 工藤進

・脚本 大野敏哉、岡田邦彦

・原作 青山剛昌

 

「まじっく快斗1412」の見どころ【ネタバレなし】

 

それでは、「まじっく快斗1412」の見どころをネタバレなしでご紹介します。

 

見どころ:怪盗キッドの素顔や秘密を知れる

まじっく快斗では名探偵コナンでもサブキャラクターなのにメインキャラ波に人気を誇る怪盗キッドこと黒羽快斗の日常を描いた作品となっています。

 

普段はどこにでも居そうでマジックが得意な男子高校生の快斗は母親は海外におり、父親は昔不慮の事故で亡くしていた。

 

そんなある日、快斗は天才マジシャンであった父の絵が回転しその奥に隠し部屋が存在することに気が付く。

 

中に入るとそこには怪盗キッドの衣装や道具が揃えられていました。

 

自分の父親が天才マジシャンの裏側で怪盗キッドであった事実に驚きを隠せない快斗であったが、父が残したとされる音声ディスクを再生して二代目の怪盗キッドになること決意する。

 

また、父である黒羽盗一は不慮の事故ではなく何者かによって消されたのではないかと考える快斗は真実を知るべく怪盗キッドとして数々の宝石を狙いながら突き進むのであった。

 

快斗は父親の真実を知ることができるのかや怪盗キッドの素顔などがみれるところが見どころです。

「まじっく快斗1412」の評判は?

 

怪盗キッドが主人公ということもあり人気のアニメ作品でした!

 

<scandalshoの感想・評価4.6>

名探偵コナンの方にもたびたび登場する、「怪盗キッド」が主人公の作品

国民的アニメ『名探偵コナン』のスピンオフ作品と思われがちだけど、原作はこちらの方が先らしい。

名探偵コナンの方にもたびたび登場する、「怪盗キッド」が主人公の作品。

本作でも、コナン君との対決シーンがあります。
こちらの作品は怪盗キッド側の目線で描かれている所が面白かったです。

ちなみに、1412の意味って・・・。
ネタバレレビューを読むと呼ばれることとなった。
で、確か良かったですよね?
(たしか、コナンのエピソードで見たような記憶があるんだけど・・・)

出典:あにこれ

 

<mamikoの感想・評価4.4>

キザで一途すぎる泥棒!作者が同じであってコナンと類似する部分が多いです。
幼なじみの恋愛が好きという方にお勧めします。

出典:あにこれ

 

<オキシドール大魔神の感想・評価4.5>

多少の改変はあるが、基本的に現在刊行されている分の原作を再現。他に、コナン側で初出の事件をキッド視点から描いたり、単行本未収録の怪盗淑女やコルボー編をやる、ゲレンデでのラブコメ回を冬真っ盛りの1月に放送して現実とアニメ内の季節を合わせるなど、物語の構成には文句がない。
OPも悪くない。特に後期OPは曲映像共になかなか良かった。前期EDはあまり好きではないが、後期EDは中の上。
問題は声優とキャラデザ。と言っても、声優については悪いわけではない。宮野やキタエリなどはそれなりに実力があるし、キャラのイメージとも合っている。青子のMAOも的外れではない。ただ、かつてコナン枠で放送したキッド祭りでの、紅子に沢城、青子に藤村歩、これがハマりすぎていた。白馬は、やはり石田彰の方がハマっている。なぜ彼らからキャスト変更したのかが分からない。つまりは、声優自体は悪くないしフラットに考えればキャスティングも失敗じゃないけど、沢城、藤村歩、石田彰の方がより良かったという話。
続いてキャラデザについて。基本的にA1ピクチャーズが担当するアニメのキャラデザはドストライクなのだが、今回は中途半端に当時の原作テイストを残したのか知らないが、今回のキャラデザはなんか気持ち悪かった。いっそのこといつものA1っぽくするか、コナンっぽいキャラデザにするかだったら良かったのだが。キャラの等身だけはコナンよりしっかりして いた。

出典:あにこれ

 

「まじっく快斗1412」が気に入ったら見るべき映画

紺青の拳

「まじっく快斗1412」が気に入ったという方は、に過去の劇場版公開作品で怪盗キッドの最新登場作品である「名探偵コナン 紺青の拳」を視聴して見てください!

 

別記事であらすじや見どころについて解説しています。

 

 

ぜひこの機会を機に「まじっく快斗1412」「名探偵コナン 紺青の拳」をご視聴ください!

 

今回は以上になります。

コメント