コナンで赤井務武は17年前に死んでいない?生存説について考察

コナンでは、赤井家の秀一、秀吉、真純の父親である赤井務武は、17年前に原因は分からないが死亡したと言われています。

 

しかし、2018年12月26日の少年サンデーのコナンにて、赤井務武の死に関する疑問が浮かび上がるシーンが登場しました。

 

コナンで赤井務武の真実に繋がる可能性が考えられますので、考察をして行きたいと思います。

コナンで赤井務武は17年前に死亡していない?

引用:少年サンデー

上記の画像から推測をすると、メアリー世良の旦那である赤井務武は17年前に死亡していない可能性が高いと言えます。

 

世良もしっかりと記憶しているような顔をしているので、メアリーが赤井務武に会いに行ったのは確実だと思います。

 

逆に言うと、赤井務武はすでに死亡はしているが、遺体は現在も発見されていないので、遺体を引き取りに行った可能性も考えられますね。

 

しかし、この雰囲気からすると赤井務武は密かに生きており、メアリー世良が密会に行ったと考える方が可能性としては高いと感じます。

 

コナンで赤井務武は、17年前に死亡したと言われたていたのは偽装であり、メアリーが赤井務武に会いに行ったのは3年前と言われています。

 

そこで、一つの可能性として赤井務武は密かに生存していたとしてもおかしくはありません。

 

現在は、コナンで赤井務武が生存しているかは、全く情報もヒントすらも無いです。

 

ですので、確実とは言えませんが、赤井務武が生きている可能性も、すでに死亡している可能性のどちらも否定できないのが現状ですね。

 

コナンで赤井務武が、仮に生きていたとしていたらメアリー、真純、秀一が協力して、黒の組織を潰しに掛かるなんてシナリオも考えられますので、面白い展開が期待できます。

コナンで赤井務武が姿を隠す理由(生きている場合)

コナンで赤井務武が生きているなら、赤井秀一や世良真純にメアリーを手助けしてあげれば良くないか?と思う方もいるかと多いと思います。

 

しかし、仮にコナンで赤井務武が生きていると想定したら、表舞台には出れないのには理由があるはずです。

 

その理由があるとすれば、確実に黒の組織との関係だと思います。

 

コナンの世界で身を隠さなければ、危険が及ぶといえば黒の組織ぐらいしかありません。

 

よって、コナンで赤井務武が生きていると仮定したら、身を隠しており肝心な場面で家族を救うなんてストーリーも考えられます。

コナンで赤井務武が黒の組織のあの方に恐れているの?

コナンでは黒の組織のボスである、烏丸蓮耶が赤井の事を組織を壊滅させるシルバーブレッド (銀の弾丸)だと呼び恐れています。

 

普通に考えれば、赤井秀一の事を恐れていると誰もが考えるでしょう。

 

実は、烏丸蓮耶は赤井務武と17年前かそれ以前に関わりがあり、赤井務武の恐ろしさを知っている可能性もあります。

 

烏丸蓮耶なら、長年生きているので、赤井務武の存在も知っており、その後に現れた息子の秀一も似ているので、再び恐れているかも知れませんね。

 

あくまで、考察の領域にはなりますが、烏丸蓮耶は何らかの形で現在も生きているので、赤井務武の存在を知っていてもおかしくはありません。

【補足】赤井務武について

引用:少年サンデー

ここまで、考察などをご紹介しましたが、改めて赤井務武について触れておきます。

 

<赤井務武のプロフィール>

名前:赤井務武

年齢:不明

性別:男性

職業:不明(FBIではない)

 

赤井務武は、メアリーの旦那であり、秀一、秀吉、真純の父親でもある。

 

人柄については明らかになっていないが、赤井秀一がよく似ていると言われている。

 

コナンで赤井務武は、17年前に死亡したと言われているが、現在も赤井務武の遺体は発見されていない。

まとめ

今回は、コナンで赤井務武が生きている可能性について考察をしましたが、現状では生きている可能性はゼロでは無いと思います。

 

しかし、コナンの世界では赤井務武は死んでいると、一応言われているので判断が難しいのが本音です。

 

赤井秀一のように、巧妙なトリックを使い遺体すり替えなどをして、今はひっそりと別人になって、裏で動いている可能性もあります。

 

コナンの赤井務武に関しては、まだ謎が多いので引き続き赤井務武について考察をして行きたいと思います。

Visited 8 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました