ベルモットがボスの娘である可能性は?新たなる事実に繋がるのか考察

CONAN

名探偵コナンで、黒の組織に所属しているベルモット。

 

黒の組織のボスである、烏丸蓮耶からも特別扱いをされる程の人物です。

 

ベルモットといえば、真の正体が不明でFBIのジョディーが、幼いころから姿が変わっていないと証言している。

 

ベルモットは、秘密主義な性格から、仲間であるジンからも嫌われています。

 

今回は、名探偵コナンでも謎多き人物であるベルモットが、実はボスの娘ではないかと言う可能性について考察していきたいと思います。

ベルモットがボスの娘である可能性について

ベルモットがボスの娘である可能性の考察の前に、BLACK PULS SDB単行本にて、黒の組織に関する新たな事実が、明らかになりつつあります。

 

単行本では、「黒の組織には子供を持つ人物はいますか?」と言う質問に対して、青山剛昌さんは「いるかもね(笑)」という回答をしていました。

 

捉え方によりますが、今回はこの発言から、黒の組織には子供を持つ人物がいると仮定します。

 

そして、その人物が、黒の組織のボスで娘がベルモットではないかと思っています。

 

上記の質問からすると、ベルモットはボスの娘である可能性が高いと個人的には思います。

 

子供と言っても、黒の組織に幼い子供がいるとは考えにくいですので、可能性がある人物を探ると、当てはまる人物はやはりベルモットでは無いかと思います。

 

理由としては↓↓

 

ベルモットがボスの娘である理由
  1. 烏丸蓮耶が何らかの方法で生きている
  2. ベルモット=シャロン=クリスが証明されている
  3. 烏丸から特別扱いされている
  4. バーボンに組織の上層部でも知らない秘密を握られている

 

以上のことから、ベルモットがボスの娘ではないかと言う可能性について辿り着きました。

 

烏丸が生きていることと、ベルモットが何か重大な秘密を持っている時点で、怪しいです。

 

以前に、バーボン(安室)がベルモットに向かって「まさか、あなたがボスの○○だとは・・・」と発言しています。

 

しかし、クリス・ヴィンヤードもベルモット(シャロン・ヴィンヤード)が上手に演じていると言う可能性も十分に考えられますので、謎が深まるばかりですね。

 

ちなみに、烏丸のAI説に関しては否定されているので、生存していたとしたら薬による不老不死か後退化ではないかと思います。

まとめ

今回は、名探偵コナンに黒の組織のメンバーとして登場するベルモットが、ボスの娘ではないかという考察をしていきました。

 

様々な、視点からベルモットがボスの娘ではないかと考察をしましたが、現段階では確実な情報がありません。

 

ですが、ベルモットがボスの娘である可能性も、完全に否定はできないので、これからの話で展開があることを期待しています。

 

今後も、ベルモットがボスの娘である可能性については、考察をしていきますね。

 

今回は以上です。

コメント