「35歳の少女」第1話の感想を紹介!あの頃の結人君は戻ってくるのか?

35歳の少女 第1話 感想と次回展開を予想 国内ドラマ・TV

当時10歳だった主人公の望美は、ブレーキが壊れている自転車でお使いを頼まれ上機嫌で走らせていたが、坂道を降っている最中に気がついたが手遅れだった。

 

崖から落ちた望美は奇跡的に一命を取り留めたが意識が戻らず、母親の25年にも及ぶ介護のおかげで目を覚ましたが、そこには10歳だったはずの少女が35歳になっていた。

 

現在の時代に馴染めずに周りの人も変わり果ててしまい、戸惑う望美が成長していくドラマです。

 

今回は、35歳の少女 第1話の感想と次回展開の予想を紹介していきます。

 

今回放送のあらすじ

第1話

出典:日テレ

 

「35歳の少女」第1話のあらすじ

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……。

出典:日テレ

 

今回の感想・口コミ

 

 

 

 

 

 

次回の展開予想

第2話

出典:日テレ

 

それでは、35歳の少女 第2話の次回展開の予想をしていきます。

 

まだまだ、現代にも周りの変化にもついて行けない状況の望美ですが、やはり変化によるショックや決意を後押しするのは結人ではないかと思います。

 

ですが、まだ心からは結人自身も変わり果てた望美にはどこから話たり教えたりすれば良いのか迷っている様子ですね。

 

次回は、少しずつでも現実を教えていく家族と結人の行動と25年間という時間をどのようにして取り戻していくかが気になるところです。

 

今回は以上です。

 

 

コメント