35歳の少女 第2話の感想を紹介!変わり果てた世界に馴染めるのか

国内ドラマ・TV

前話では、25年前に事故によってずっと眠っていた望美が目覚めたが当時10歳だったはずなのに起きたら35歳になってしまい戸惑いを隠せなかった。

 

小学校の頃に気になっていた結人もすっかり大人になってしまい家族も知らない人になり、バラバラになっていることにショックを受けた望美。

 

さらに、結人と妹である愛美にも現実を伝えられて困惑してしまう。

 

そんな中、思い出の図書館に足を運び25年前の記憶が少しずつ蘇ってきて、一度は酷く当たってきて結人が励まして時間を取り戻す過酷な人生の時計が動き出した。

 

今回は、35歳の少女 第2話の感想と次回展開の予想を紹介していきます。

 

今回放送のあらすじ

第2話

出典:日テレ

 

35歳の少女 第2話のあらすじ

望美のぞみ(柴咲コウ)は、元・初恋相手の結人ゆうと(坂口健太郎)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したものの、変わり果てた世界にまだ馴染めない。眠っている間に生理が始まり大人の体になっていることにも改めてショックを受ける。多恵たえ(鈴木保奈美)は自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう望美を急かし、子供っぽい言動を諌める。

一方、広告代理店で働く愛美まなみ(橋本愛)は元カレで上司の相沢あいざわ(細田善彦)が使えない後輩・藤子ふじこ(大友花恋)と付き合っていることにストレスを抱えていた。そして進次しんじ(田中哲司)は再婚相手・加奈かな(富田靖子)の連れ子・達也たつや(竜星涼)が仕事を辞め部屋に引きこもっていることに悩んでいた。別々の場所でそれぞれに人生の行き詰まりを感じている家族。望美は自分が原因で家族がバラバラになってしまったことに心を痛める。

そんな中、相沢の気を引きたい愛美は代行業をしている結人に恋人のふりをしてくれと頼む。愛美の歪んだ恋愛感情に呆れつつ依頼を受けた結人は、望美の様子が気になっていた。その頃、かつてアナウンサーになることを夢見ていた望美は、事故の直前まで録りためていた古いカセットテープを聞き、あることを思いつくと、結人に連絡する・・・。

出典:日テレ

 

今回の感想・口コミ

 

 

 

 

 

 

 

次回の展開予想

第3話

出典:日テレ

 

それでは、35歳の少女 第3話の次回展開を予想していきます。

 

今話で少しずつ周りの現実を受け止めた望美ですが、次回は大人になる為に成長しようと勇気を出して、自らいろんなことに挑戦したりする姿が見れると予想します。

 

何だかんだでブラック結人くんが、大事なことは教えて望美も自分で気がつき成長していくと思いますね。

 

バラバラになった家族も今はそれぞれの人生を歩んでいますが、望美をきっかけに失った25年間を取り戻して少しでも良い関係に戻れたらと期待しています。

 

今回は以上です。

 

 

コメント