メジャーセカンド2 第22話「見損なったよ!」感想を紹介

アニメ

前話では県2位の実力を誇る辻堂中学ですが、まさかの特別ルールでハンデを与えられて10点リードというかなり煽られた行動を取られました。

 

相手は実力のある学校だけあって、風林中学は岡の高速スライダーを打ち取ることができずに苦戦していたが、守備では横浜リトル組がスーパープレーを連発して相手コーチもなぜ練習試合を受けたのかに気付き始める。

 

今回は、メジャーセカンド2 第22話「見損なったよ!」の感想と次回展開の予想をしていきます。

 

今回放送のあらすじ

第22話

出典:NHKアニメワールド

 

メジャーセカンド2 第22話「見損なったよ!」のあらすじ

強豪・辻堂(つじどう)学園中学校との待望の練習試合が実現した風林中は、入院した千葉に代わり、マネージャー志望の千代をスタメンに組み込み、なんとか試合開始を迎える。ところが、女子が7人ということで、初回から10点ものハンデが与えられ、大吾も悔しさを隠せない。そんな辻堂中を見返すべく、初回から弥生や太鳳が好守を連発、そして、打席に立った大吾やアニータも相手先発・岡をとらえて打ち崩してゆく。

出典:NHKアニメワールド

 

今回の感想・口コミ

 

 

 

 

 

 

次回の展開予想

第23話

出典:NHKアニメワールド

 

それでは、メジャーセカンド2 第23話「嵐の気配」の次回展開の予想をしていきます。

 

辻堂中学の先発投手である岡の投球フォームを大吾が見破ったことにより、2回攻撃で4点を先制したが、スーパー1年生マリオの魔球で皆打てずに守る一方になってしまうと思います。

 

ですが、守るだけでは相手が攻撃のペースを掴み一気に追い上げられるので、睦子がどこまで辻堂中学相手に投げ切るかが勝負の鍵だと予想します。

 

マリオも投手だけではなく打席でもかなりのバッティングセンスで、風林中を阻むので次回はかなり熱い試合展開になること期待です。

 

千代姉のプレーもどうなるかが気になりますが、この練習試合を通じて進化していくと良いですね!

 

今回は以上です。

 

 

 

コメント