メジャーセカンド2 第1話「噂の新入部員」の感想を紹介!

メジャーセカンド2 第1話 「噂の新入部員」 アニメ

2020年4月よりスタートしたメジャーセカンド2。

 

メジャーシリーズでは、お馴染みだった茂野吾郎の息子である茂野大吾が遂に中学生になった。

 

前シリーズの小学生編では、偉大な父とは裏腹に才能が開花せず努力する日々が続くが、その姿は果たしてどうなったのか。

 

今回は、メジャーセカンド2 第1話「噂の新入部員」の感想をご紹介していきます。

 

今回放送のあらすじ

第1話

出典:NHKアニメワールド

 

メジャーリーグでも活躍したプロ野球選手を父に持つ主人公・茂野大吾は中学2年生。幼なじみで少年野球時代からのチームメイトである佐倉睦子とともに私立風林中に通う。野球部に所属する大吾と睦子だったが、部員はわずか6名、睦子を含めた4人が女子だ。新1年生を迎える4月、キャプテンの大吾はメンバー不足を補うため、新入生の勧誘に意欲をみせる。そのころ、入学式ではスポーツ推薦の1年生が顔をそろえていて…。

出典:NHKアニメワールド

 

今回の感想・口コミ

 

 

 

 

次回の展開予想

第2話

出典:NHKアニメワールド

 

メジャーセカンド2 第2話「そのキャッチャー、辛口につき」の次回展開の予想をして行きたいと思います。

 

仁科を含む5人の新入部員が風林中学野球部に入部をしたが、次期監督が来るまで一緒に練習をしようとしない部員に大吾は頭を抱える。。。

 

そんな中で、太鳳が2人の女子新入部員の紹介をしている様子はおそらく横浜リトルの後輩だと思われる。

 

まずは、上級生が不在の大吾たちの元に入部してきた新入部員男女7人をまとめることは出来るのかが見どころですね!

 

今回は以上です。

 

 

コメント