映画「コンテイジョン」のあらすじと見どころをおさらい!

映画「コンテイジョン」を無料でみる あらすじと見どころをおさらい! 洋画
スポンサーリンク

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

悩む人
悩む人

「コンテイジョン」を無料でみる方法を知りたい。

 

こんな疑問を解決します。

 

「コンテイジョン」2011年11月12日に公開されたです。

 

未来(今)を予言した映画と言われ大ヒットしています。

 

サイト運営者
サイト運営者

映画を見てウイルスの恐ろしさを痛感しました

 

目に見えないウイルスへの危機感を知るキッカケになると思います。

 

今回は、「コンテイジョン」の無料フル動画の視聴方法や、あらすじについてまとめました!

スポンサーリンク

「コンテイジョン」を動画でみる!DVD発売・動画配信はいつから?

 

「コンテイジョン」のDVD発売日は2012年1月3日です。

 

 

「コンテイジョン」は、DVDでの視聴もよいですが、動画配信サービスでの無料視聴がおすすめです。

人気映画、ドラマ、アニメが見放題!2週間無料で楽しみたいあなたにはhulu!

約60,000万本以上の動画を楽しみたいあなたには2週間無料トライアルのあるhulu!

hulu

 

お得なポイント

① 14日間の無料お試し期間があること

② 60,000万本の作品を全て見放題で楽しめること

③ いつでも解約が可能であること

 

VOD(動画配信サービス)のなかでも人気ランキング1位を誇るサービスで、自宅でも外出先でも無料でフル動画を視聴することができます。

 

クリックするとhulu公式HPに移動します

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

※14日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

 

「コンテイジョン」のあらすじ

 

「コンテイジョン」のあらすじ

 

香港での所用を済ませたベス・エムホフは元恋人と関係を持つためにシカゴに立ち寄る。2日後、ミネアポリス郊外の自宅でベスがけいれんを起こし意識を失う。ベスの夫ミッチ・エムホフは慌てて病院に運ぶが、ベスは死因不明で病死する。ミッチが自宅に戻ると継子のクラークがそっくりな症状で死んでいる。ミッチは隔離されるが、正体不明の病気に免疫があることが判明し、解放される。自宅では10代の娘ジョリーが待っている。

アトランタではDHS(国土安全保障省)の職員らがCDC(疾病予防管理センター)のエリス・チーヴァーに会い、この病気がサンクスギビングの休みを狙った生物兵器によるテロではないかとの懸念を伝える。チーヴァーはEIS(CDCの1部門)の’病気の探偵’であるエリン・ミアーズをミネアポリスに派遣し、調査に当たらせる。ミアーズは発生源をベスまでさかのぼって突き止める。ミアーズは地元の役人と交渉するが、感染拡大阻止に向けて協力を得ることができないまま、感染し死んでしまう。ウイルスが広がるにつれ、シカゴやミネアポリスは封鎖され、強奪などが発生する。

CDCではアリー・ヘクストールが、ウイルスがブタ由来の遺伝物質とコウモリウイルスの合成物であることを突き止めるが、治療の研究は行き詰まる。研究者らが新たにMEV-1として同定されたそのウイルスにはどの培地が適しているかが解明されないからである。カリフォルニア大学サンフランシスコ校のイアン・サッスマンはチーヴァーのサンプルは破棄するようにとの指示にしたがわず、コウモリの細胞を使う有効な培地を見つける。ヘクストールはこれを突破口にウイルス開発を進める。他の研究者らはウイルスが接触感染し、変異するとR 0が4の割合で広まることを突き止める。また、全世界で12人に1人が感染し、致死率は25から30%になるだろうと予測する。

陰謀論者のアラン・クラムウィディはウイルスについてのビデオをブログに公開する。その中には、レンギョウに由来するホメオパシーにより自身の感染が治ったと主張するものがあった。人々はレンギョウを求めて薬局に殺到する。テレビ番組でのインタビューで、クラムウィディはチーヴァーが密かに恋人をシカゴ封鎖前に退避させたことを暴露する。チーヴァーは捜査対象となり公聴会への出席を求められる。レンギョウの売上げを伸ばそうと詐病したクラムウィディは、共同謀議と証券詐欺と過失致死の罪で逮捕されるが、熱心な支持者たちの金で保釈される。

弱毒化ウイルスを使用して、ヘクストールは有望なワクチンを見つける。感染患者からの同意を得る手間を省こうと、ヘクストールは自身にその開発中のワクチンを注射して、感染患者である父親を見舞う。彼女はMEV-1に感染せず、ワクチンは有効であるとされる。CDCはワクチン接種の順番を誕生日による抽選とする。この時点で、全米では250万人、全世界では2600万人が死亡している。

香港ではWHO(世界保健機関)の疫学者レオノーラ・オランテスと公衆衛生職員らがベスを初発症例だと突き止める。政府職員のスン・フェンはオランテスを拉致し、自身の出身村用にMEV-1のワクチンを入手するための人質とする。WHOはワクチンと引き換えに彼女を解放させる。オランテスはそのワクチンがプラセボであることを知ると、そのことを村民に警告しようと走り出す。

終幕の回想シーンでは、中国でベスが感染する何日も前に、ベスが取締役を務める会社のブルドーザーが木をなぎ倒し、コウモリが飛んで逃げていく。その1匹が豚小屋に飛び込み、バナナのかけらを落とす。そのバナナをブタが食べる。ブタは屠殺されて、それを調理したコックがカジノでベスと握手をして、ウイルスが彼女に感染する。

出典:Wikipedia

「コンテイジョン」のキャスト・スタッフ

 

「コンテイジョン」に関わったキャスト・スタッフのみなさんをご紹介していきます。

 

キャスト

マリオン・コティヤール

マット・デイモン

ローレンス・フィッシュバーン

シュード・ロウ

グウィネス・パルトロー

ケイト・ウィンスレット

ブライアン・クランストン

ジェニファー・イーリー

サナ・レイサン

ジョシー・ホー

チョイ・ティンヤウ

モニーク・ガブリエラ・カーネン

ダリア・ストロコウス

ジョン・ホークス

アルミン・ローデ

ラリー・クラーク

アナ・ジャコービー=ヘロン

ディミトリ・マーティン

エリオット・グールド

エンリコ・コラントーニー

ジム・オルトリープ

カーラ・ゼディカー

 

スタッフ

監督 スティーヴン・ソダーバーグ

脚本 スコット・Z・バーンズ

 

「コンテイジョン」の見どころ【ネタバレなし】

 

それでは、「コンテイジョン」の見どころをネタバレなしでご紹介します。

 

見どころ:新型コロナウイルスを予言したかのようなストーリー

目に見えないウイルスが突然現れ人間に次々と感染をして亡くなっていく。

 

地球全体を陥れるウィルスの恐怖を豪華俳優陣で描くサスペンス大作です。

 

謎のウイルスは、接触によって感染する強力な新種のウイルスが世界各地に拡大していくと言われ、社会が混乱し人々が異常なパニック状態に陥っていく様子を映し出していています。

 

現代(2020年4月時点)も新型コロナウイルスが流行しており、まさにその姿を描いた内容となっておりますので、ぜひコンテイジョンを見て今自分たちがどれだけ恐ろしいウイルスと戦っているかを認知する機会になると思います。

「コンテイジョン」の評判は?

 

未来(今)を予言した映画と呼ばれ再び大ヒットしていますね。

 

<こやちの感想・評価4.0>

『アウトブレイク』はフィクション過ぎ、『感染列島』はゆる過ぎて、伝染病物はゾンビ映画と同じ感覚くらいで観てたけど、コレはなかなかドキュメンタリー的にリアルでした。最近のニュース映像で見た事あるような場面の数々。暗澹たる気持ちになったけど、最後まで観ればきっと解決されるはず…はずだよね。

『恐怖』はウィルスより速く感染する。
ウィルスよりも社会のパニックの方がヤバいって事ですね。アメリカ映画って事あるごとに暴動略奪起きるからホント怖い。しかし今回、現実社会では略奪は起きてないはず…いやイタリア、南アフリカとかであったか。それに暴動に備えてアメリカでは銃や銃弾の売れ行きが凄かったとか。日本だってトイレットペーパーの争奪戦やマスクの品薄で店頭で怒声をあげたり暴れたりのおじさんとか。人間は恐怖に駆られるとデマを信じたり暴動に走ったり。自分には絶対に有り得ないとは言えない。レンギョウ入手に走っちゃうかも。ジュード・ロウがイヤな役やってたね。あのレンギョウ男が最後は酷い目にあったら、この災禍の鬱憤も晴れるんじゃないかと思ったが、結局そうなったところでどうしょうもない。

ケイト・ウィンスレットがめっちゃ有能でバリバリ解決してくれると思ったのにあんな事になって、そうかホテルかぁ、ルームサービス?清掃?感染ってどこからでもくるのね。やっぱり出かけないでお家に居ようと固く決心しました。

今作のウィルスは現在のコロナウィルスよりも潜伏期間も短く致死率も高いので、ずっと凶暴なヤツな気がしました。でもコロナウィルスでは潜伏期間に動き回っちゃうし感染しても症状の出ない人もいたりで、ウィルス的にはぬくぬくと蔓延できてるんでしょうかね。

出典:フィルマークス

 

<りさの感想・評価4.6>

⚫︎ウイルスが着々と人々に感染していく様子、そして人々が恐怖感により暴走していく様子がスリリングに描かれてあった

⚫︎今の現状と重なっている部分が多いのもまた恐怖

⚫︎有名な俳優が多く出ており、映像の暗さやストーリー展開のテンポが映画独自のスリルさを表していた

⚫︎個人的には最後の最後の展開が非常に面白かった

出典:フィルマークス

 

<れもんの感想・評価4.0>

未知のウイルスと人々の戦いを描き、公開されたのは2011年と割と昔なものの、新型コロナウイルスで大変なことになっている今、何かと話題になっている作品。

医療従事者の感染と死、陰謀論やデマの拡散、食料品や日用品の買い占め、治安の悪化、都市の封鎖など、まるで今の世界を見てから作られたようなリアルなストーリー。

最初はウイルスが人間に感染して2日目のシーンから始まるんだけど、最後に1日目のシーンが流れて最初の感染者が明かされる。
ああ…この人が最初だったのか…と謎の切なさがこみあげた。

妻が死んだ直後に継子が死に、自分も隔離され、そこで死の直前に妻が浮気していたことを知らされるマット・デイモン。
彼がまっとうに生きているのがとても立派だった。
私なら自暴自棄になるかも。笑

出典:フィルマークス

 

おすすめの関連作品を動画でチェック!

FLU3

※本ページの情報は2020年4月現在の情報です。最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

突然起こった感染の恐怖、ウイルスの拡散で封鎖された街では次々と人間が理性を失い暴徒化する。

 

主人公のシグは愛する人の娘であるミルを守るため街に残された人々を一人で助けようと立ち上がった。

 

今の状況だからこそ薦めたいパンデミックについてよく分かる映画です。

 

Huluで現在配信中ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

 

クリックするとhulu公式HPに移動します

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

※14日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません

 

今回は以上になります。

コメント